工房の窓から木洩れ日を通して、小鳥のさえずりが渡ってきます。

陽だまりには四季の千種や虫たちが、風と戯れています。

 

早いもので、加賀友禅の創作に身を置き四十有余の馬齢を重ねてまいりました。

 

日々、着物の制作に向かいつつも新たな表現を求めて

身近な四季の移ろいを染の作品にして皆様にご覧いただいております。

染の四季」から、暮らしの中に自然のささやかな仕草をお伝え出来れば幸いです。  


染の四季」とは、加賀友禅の着物の制作の合間に

少しずつつくり貯めた友禅染めの小作品です。

 

装って楽しむ加賀友禅だけではなく身近な暮らしのなかにやすらぎをもたらすことが

出来たらと思っています。